歩ミングポールとは
折り畳みコンパクト
ハング式2段伸縮
コマ式2段伸縮
3段伸縮式
サイズ固定
ジュニア用
指導員特別仕様
アクセサリー
エクセル
メディカルポールとは
安定歩行 メディカルポール
アクアポール
スマートポール
ご当地キャラクター
KIZAKIの歩ミングポールは特許を取得しております!

(特許第5460020号)

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

グリップの握り方

ターゲットグリップ

1.
親指はグリップの上に!

グリップ上部に親指を置くことが可能で、歩く時の自然な手の方向性をそのまま再現できる形状となっております。

親指をグリップ上に置くことで手に力が入りにくくなるため、腕•肩•上半身の筋肉を広範囲にわたって動かすことができるようになります。軽く握ることにより手首にかかる負担も軽減されます。

2.
ウィング(羽)効果

グリップ上部に羽のようなパーツが出ています、このパーツに人差し指を引っ掛けて、ポールをスライドさせながら歩きます。ポールを握らなくても、自然と手に着いてくる感覚で歩くことができます。

 

3.
ナチュラルアングル

ポール使用時の自然なウォーキングスタイル(かかとからつま先への重心移動)を長時間再現できるように、シャフトに曲げ加工を施してあります。また、この曲げ効果によりリズミカルなストックワークが効果的に行えます。

手首の角度とシャフトを同じ角度に曲げることによりポールが垂直に置きやすくなります。このことにより、美しく姿勢が保たれ、歩行が楽に感じます。また、肩甲骨を上手く動かすことにつながるので、肩こりがひどい方や猫背を解消させたいという方には効果的です。

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

AAK-W007

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

AAK-W008

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

ASK-103

ポールの長さ選び方法

身長とポールの長さ目安表

最初の目安とし右表を参照するか、図のようにひじを直角に曲げて2cm程度拳を下げた長さになるように調整して下さい。(※使用状況に応じて長さは調整して下さい、歩き方や体型により変化しますので、より快適に感じる長さを選択してご使用下さい。)

歩き方とポールの使い方

自然なウォーキングスタイルが基本です

腕の振りはポールを使っても自然に歩行している時と同様です。慣れてきたら腕の振りを大きくしたり、歩幅を広くとって効率的な運動効果を意識しましょう。

ノルディック・ウォークとは

歩くのは主として下肢の筋群の活動をもたらしますが、上肢の筋群はほとんど活動することがありません。

北欧フィンランド発祥のノルデック・ウォークは専用のポールを用いて上肢の筋群も活動させて歩くことができる全身運動です。

クロスカントリー競技選手が、夏季の体力強化のトレーニングとして導入しました。 ストック無しで歩くときと同じスピードで歩いても心拍数も増えエネルギー消費もアップすることが証明されています。 フィンランドはもちろんドイツ、オーストリアで普及している人気のスポーツです。 ドイツにおけるノルディックウォーキングの人口は約800万人と言われています。 誰でも簡単に始めることが出来る、運動効果の高いウォーキングです。 是非このすばらしいノルディック・ウォークをご体験ください。

 

ウォーキングスタイル

健康維持のために毎日行うことができる。すべての人向けで、ダイエット・フィットネスを目標として気軽に始めたい人や歩行バランスに不安のある人にも有効。

アスリート向けのトレーニングで、ポールランニング、ジャンピング等やインターバルトレーニングとしても活用できる。

〒384-0061 長野県小諸市加増上の平561-2

      TEL(0267)22-1354   FAX(0267)23-5556